読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我水也

いろんなことに興味をもっています。

Azure(Resource Manager)をRubyで触るための準備

Azure SDK for Ruby(Resource Manager版)

Azureには従来のクラシックとリソースマネージャーという2つのモデルがあり、現行で開発が進んでいるのがリソースマネージャーになります。

まだまだ開発中であったりすることもあり、SDKはありますが未対応であったりしたため、Windows PowerShellで頑張っていたのですが、先日「Microsoft Azure SDK for Ruby」のARM対応版があることを見つけました。(まだプレビュー版です)
github.com

プレビューとは言いつつ結構な範囲が触れそうでしたので、これは使ってみないとと思い、使ってみましたので、その際の事前準備を紹介します。

使うには?

After creating the service principal, you should have three pieces of information, a client id (GUID), client secret (string) and tenant id (GUID) or domain name (string).

ということなので、サービスプリンシパルを作成し、Client ID/Client Secret/Tenant IDをゲットします。

サービスプリンシパルの作成

このページにやり方が載っていましたので、詳細は省きます。
azure.microsoft.com

Client ID/Client Secret/Tenant IDこの3つの情報をゲットすれば、準備はOKです。

続きは次の記事で。。。